絵本で紡ぐ思い出

皆さん、こんにちは!

13期マイスター。おかぴーです。

 

 

本日、職場の本棚を整頓していたら、思い出深い絵本が出てきました。

 

 

「テーブルマナーの絵本」  作・絵:高野紀子  出版社:あすなろ書房

 

 

 

私の職場は、「重症心身障害」のお子さんの通う事業所です。

 

先天性の障害から、事故や病気による中途障害、そして、進行性の病気の方など、いろいろな方が来ています。

 

 

 

進行性の病気のお子さんで、Aちゃんというお子さんがいました。

 

小学校までは、元気いっぱい走り回っていて、小鳥のようにおしゃべりで、食べることが大好きなお子さんでしたが、病気が進行するにつれて、歩くことも話すことも、そして、食べることも難しくなってしまいました。

 

 

病気が進行し、思うように動けなくなる不安の中、彼女の気持ちを明るくさせるものの一つに「食べ物の絵本」がありました。

 

 

最初、私は「食べることが大好きなのに、食べられなくなってしまったのだから、食べ物の絵本はつらいかな…」と思っていたのですが、私の思いと裏腹に、彼女は食べ物の絵本を読んで欲しがりました。

 

 

この絵本は、数ある食べ物の絵本の中でも、特に私と一緒に楽しんだ彼女のお気に入りの一冊でした。

 

 

食べ物の絵本を見て、お料理の真似をしたり、「どの果物が好き?」という私の質問に指さしで答えたり、食べる真似をしたり、大好きな梅干しを指さして笑顔になったり・・・。

 

私たちは、心で匂いを感じ、味を感じました。

 

たくさんたくさん、絵本を心で味わいました。

 

 

 

そして今年、彼女はお空に旅立ちました。

 

 

もうすぐ、高校を卒業という若さでした。

 

 

 

 

 

絵本は、食べられなくなってしまったAちゃんに、食べることの楽しさを感じさせてくれました。

 

そして、同じ絵本が、私に彼女との大切な思い出を作ってくれました。

 

 

 

 

明日私は、この本をちびっこたちに読んであげようと思います。

 

彼女との思い出を胸に、新しい子供たちとの思い出を重ねる。

 

こうして、紡がれる絵本の思い出。

 

 

 

大切に大切にしていこうと思います。

 

  作成者:Y・O

 

 

 

 

 

 

 

(社)JAPAN絵本よみきかせ協会のホームページ

絵本読み聞かせ研究所「Fun & Smile ラボ」のFacebookページ


 

シェアをする