適当母さんが、子供を育む!?

 皆さん、こんにちは!おかぴーです(^^♪

 

 ずっと仕事人間として生きてきたワタクシは、世間一般で言われている「お母さん」という概念から申しますと、おそらく、若干(だいぶ)、逸脱している傾向にございます。

 要は、お母ちゃんスペックはとしては、イマイチ・・・という事です(笑)

 

 

 「他のお母さんみたいに、なんで上手にできないのだろう。子供を信じてあげられないのだろう。」なんて、思い悩むこともありましたが、よみきかせマイスターを受講して、考えがシフトし、子育てがすご~く楽になったのを覚えています。

 

 講座を通して、「I’m ok!」と思えるようになったら、子供や周りの人たちに対して「You're ok!」と思えるようになったんですね。

 

 

 ただね、最近は、あまりにも「I’m ok!」ってなりすぎちゃったのか、いい案配っぷりに拍車がかかってしまいまして・・・。

 仕事では手を抜きませんが、家では本当にぐうたらで、洗い物も放置で、ソファで犬とうたた寝なんて、ザラなんですね。

 

 

 そしたら、先日。

 そんな母を見て、三男。

 隣で、なにやらゴソゴソ・・・。

 

 

 なんと、母の隣にちょこんと座り、読み聞かせを始めたんです!

 

 

 母は、ただぐうたらしているだけだったのですが(笑)

 

 彼は「お母さんが疲れている。僕が元気にしてあげよう!」

 

 と思ってくれたみたいで・・・。

 

 あまりの優しさに、母、感激!

 お返しに三男の好きな本も読んであげました。

 幸せなひとときでした~~~(*^^*)

 

 

 子育てって、完璧じゃなくていいんだなあ。

 むしろ、お母さんがいい案配ぐらいの方が、子供は自ら考えて育つんだなあ。

 

 これからは、胸を張って「適当母さん」として君臨していこうと思います!(・・・あれ?いいのかな?(笑))

 

 それでは、皆様、今日も最高に愉快で楽しい一日を~~~♪

           

  (記事作成者 Y・O)

 

 

 

(社)JAPAN絵本よみきかせ協会のホームページ

絵本読み聞かせ研究所「Fun & Smile ラボ」のFacebookページ


 

シェアをする